ワキの黒ずみは、服の擦れやカミソリのムダ毛処理が原因

1.肌着や洋服による擦れ
皮膚との摩擦、下着や洋服でいつも同じ部位が擦れると注意が必要になります。
肩がピッチリした服や下着の場合は、ワキに気をつけなくてはいけません。
皮膚は、同じ部位が何度も刺激されることで色素沈着を起こしやすくなる。
下着、洋服、ワキへの擦れが気になるものは避けましょう。

2.カミソリによる無理なムダ毛処理
夏になると毎日のように、カミソリでワキのムダ毛を処理する。
多くの女性にとって、珍しい光景ではありませんね。
ワキ処理の仕方によっては、色素沈着を引き起こす原因にもなる。
絶対に避けたいのは、“何もつけずにワキのムダ毛を剃る”ということ。
必ず専用フォームやジェルを使用してください。
ワキを剃ったあとは、ほったらかしにしてはいけません。
必ずクリームやジェルを塗って保湿に努めましょう。

お風呂でのムダ毛処理にも気をつけたいところです。
じっくりとお風呂に浸かると、ムダ毛や皮膚が柔らかくなった感じがします。
ここでカミソリを使って処理をすると、キレイに剃ることができるのです。
ただ、やわらかくなった皮膚を必要以上に剃ぎ落としてしまう危険がある。
皮膚に赤みや炎症を引き起こす原因にもなってしまうのですね。
その結果、ワキの色素沈着へとつながってしまいます。
ボディソープをつけて剃る人もいますが、注意が必要です。
肌への刺激が強いものもあり、乾燥を招いてしまうからです。

ワキのお手入れのあとは、保湿することが大切です。
ワキもお肌と同じくらい神経質になりましょう。
化粧水での水分補給、そして乳液等で油分の補給が必要です。
化粧水と乳液でのお手入れは少し面倒という人もいるかもしれませんね。
おすすめなのは、ボディ用のオールインワン化粧品。
美白効果や鎮静効果が期待できるものを使用するとよいです。




 ※満足して頂けなかったら
      返金いたします※

 ~なんでそこまでできるのか?
 それは品質に自信があるからです。

 何度も何度も手を加え改良され 
 開発された高濃度美白ジェル
 ワキ・二の腕の色素沈着を集中ケア

 毎日使うものだからいいものを使いたい。
 敏感肌の方にも使えます。

 無着色・無鉱物油・無合成香料・ノンアルコール・ノンパラベン
 ワキ・二の腕の色素沈着、集中美白ジェル「薬用アットベリー」
 ●ワキ・ヒジ・ヒザの色素沈着を何とかしたい
 ●吊革につかまるのに抵抗がある
 ●ブツブツのようなものがあってイヤ
 ●色素沈着で気になる部分がある
 ●敏感肌でも使えるジェルを探している

 とことん品質にこだわり
 開発された高濃度 美白ジェルなら安心できる。

|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|