デリケートゾーン、摩擦が原因!?

自分の“デリケートゾーンの色”って気になりませんか?
たとえ悩んでいても、女同士でもなかなか相談できない。
男性は“ピンク色”を希望しているなんて噂話まででてくる始末!
しかもイマドキ女子は、デリケートゾーン専用のケア用品を使っている?
身体の手入れ、ボディメイクするのが当たり前のようですね。

なので、デリケートゾーンのケア用品を扱う人に聞きました。
「女子の“デリケートゾーン”」について根掘り葉掘り。
他では聞けない驚きの情報満載ですので、要チェックですぞ。




デリケートゾーンの脱毛なら総業14年のプリート。
顧客満足度93.3%・無料カウンセリング受付中!

みんな“デリケートゾーンの色”に悩んでる

“デリケートゾーン”について、意識調査を行いました。
その中で注目すべきは「理想の“デリケートゾーンの色”について」

この調査を行ったところ、ハッキリとしたことがわかりました。
男性・女性と共に7割以上が「薄めのピンク色」を理想の色としてイメージ。
こんなことを望んでいることがわかりました。

しかし一方で、9割以上の女性が自分のVIOハイジニーナとは理想と差がある。
こんな悩みを感じているようです。

“デリケートゾーンの色”を気にしている人は、15~24歳女性で53%。
自分の“デリケートゾーンの色”は濃いと思っている人は67%。
自分の色、ほんのりピンク色だと思う人は、わずか6%という結果。

みなさん“VIOハイジニーナの色”にだいぶ悩んでいるようです。



実はデリケートゾーンの色は摩擦が原因だった

そこで“VIOハイジニーナの色”について伺ってみたところ、驚きの事実が!

多くの女性が気にしている“VIOハイジニーナの黒ズミ”ですが!
お顔の美白ケアと違うのは、メラニン増加の原因が紫外線ではないということ。
“下着などによる刺激の摩擦”ということです。

なんと、まさか日常での何気ない“摩擦”が原因。
これが“VIOハイジニーナの黒ズミ”を誘発していたんです。


他にも、女性ホルモンの増加や、生まれつきによる個人差もあるとのこと。
しかし普段の生活の中で起きている“摩擦”が、気付かぬうちに悩みの種になる。
服の摩擦で悩みの種を増やしていたとは驚きですよね。


イマドキ女子はデリケートゾーンの手入れが当たり前

今ではVIOハイジニーナをケアする用品が一般化し始めていますよね。
とはいえ、なかなか恥ずかしくて手が出せない方も少なくないでしょうか?

しかし、イマドキ女子はお手入れするのが当たり前という風潮のようです。
若い子はお手入れというより、“ボディメイクする”という感覚でケア用品を使っている。

イマドキ女子、恐るべし!
けれど“VIOハイジニーナの色”は人によって、日々黒ずんでいってしまう。
ケアをするなら、毎日ということをお忘れなく。


VIOハイジニーナだからついつい重く考えてしまうかもしれません。
イマドキ女子を見習ってボディメイク感覚でケアを始めてみましょう。
一つのコンプレックスが解消されるかもしれません。

|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|